エクステリア&ガーデニング【外構FAQ】

エクステリアやガーデニングなどお庭の外構工事に関して良く頂くQ&A集です。

オープン外構とは植栽を主体に構成され、基本的には門扉を設置せずに門柱は独立形となりブロックなどで外周を囲わない外構スタイルです。

クローズ外構とは建物周辺のほぼ全てを塀(ブロック・レンガ)で囲むを閉鎖的な外構スタイルのことです。 

防犯に関する考え方や現場の環境による部分に起因するのでどちらが優れているという事は無いのですが、どこからでも進入できてしまうような庭では無用心だと思われます。しかしクローズ外構では、万が一入ってしまった不審者が 壁に隠れ周りの目を気にせず自由に動ける環境を作ってしまうというデメリットがあります。

地域・建物にあった適度な防犯効果を狙い、必要に応じ壁・フェンスや生垣などを利用する事をおススメします。 また、最近では防犯を考慮した照明設備や警報器具なども増えておりますので、塀は設けたくないけど防犯上オープン外構に抵抗を感じるという方もご安心ください。

また、オープン外構とクローズ外構の中間にあるセミオープン(セミクローズ)外構もあります。

タグ: ,

関連する投稿