エクステリア&ガーデニング【外構FAQ】

エクステリアやガーデニングなどお庭の外構工事に関して良く頂くQ&A集です。

芝の張り方を簡単に説明します。

  1. 下地となる土を20~30cm軽く耕すか、新たに黒土やまさ土などを入れ水はけの良い土を用意します。
  2. 次に芝を張ります。芝の張り方は目地の隙間をあけずに並べるベタ張りと隙間を1~2cmあけて並べる目地張りがあります。最後に中途半端な隙間ができますが芝生切って調整します。
  3. 芝生を並べ終わったら土を撒きます。目土は通気性と水はけが良い材質(砂、ボラ土など)を選びます。
  4. 土を撒いたら上から押さえ芝生が土とよく密着するようにしてください。
  5. 最後にたっぷりと水をやって完了です。その後2~3日おきにこまめに水をやってください。
  6. 芝生が根付いた後の芝刈りは、芝がよく伸びる夏には10日~ 2週間に1回は刈り込みが必要になります。刈り込みの高さは 2cm~3cmが良いでしょう。刈るたびに方向を変える(横方向、縦方向、斜め方向等)事できれいな芝生に仕上がります。
タグ: ,

関連する投稿