エクステリア&ガーデニング【外構FAQ】

エクステリアやガーデニングなどお庭の外構工事に関して良く頂くQ&A集です。

【水の量】
水を好む植物は多めに、サボテンのような乾燥に強そうな植物は少なめにと考えがちですが、実はどんな植物でも鉢の底から水が流れ出るまでやっても大丈夫です。

たっぷりと水をやることで鉢の隅々まで水が行き渡ると共に、鉢の中の古い空気を押し出して新しい空気を入れることにもなります。根も空気を必要としますので、空気の入れ替えはとても重要です。よく植物の上から水をやる光景を見ますが、これだと水が葉に遮られ、土に吸収される水量は思ったほどではありませんので土に直接かけましょう。

【水やりのタイミング】
水は多いほうがいいと思う方もいらっしゃいますが、根も生きているからには呼吸をしています。植物は葉から二酸化炭素を吸収し、酸素を放出しています。葉緑素をもっていない根は光合成をしませんが呼吸はしているのです。

常に水をやっている状態だと根が呼吸ができませんので根腐れを起こします。意外かもしれませんが、水のやりすぎでも植物を枯らしてしまうことがあるのです。

基本的には表面の土が乾いたら水をやると良いでしょう。夏であれば乾くのが早く、一日二回やることがあるかもしれません。冬はあまり乾かず、一週間に一回ということもあります。季節に合わせ適度な水やりが重要ということです。

植物の種には日の光を好む好光性、好まない嫌光性の2種類があります。そのため種を蒔いて、土をかぶせる際のちょっとした加減で発芽しないことがあります。

購入した種の説明に書かれている内容を良く確かめそれに従って蒔く事が第一ですが、蒔いた種が全て発芽することはないので、1ヶ所に2~3粒の種を蒔くようにすることも効果的です。

植木の種類や育成状況にもよりますが、少なくとも年1回は消毒したい所です。 時期は5~6月の樹木の新芽が出てた頃が望ましいです。雨が降りそうな天気の日は薬が流れてしまう可能性があるため避けた方が良いでしょう。

挿し木とは枝や茎・葉の一部を切り取って発根させて増やす繁殖方法のことです。根のない状態で出根を促す繁殖方法なので、葉からの水分の蒸散の多い高温下ではあまり効果が得られません。

気温20度前後の環境が理想的ですが、天候により寒暖の差が激しい初夏~梅雨時よりも、10月上旬ごろの安定した気候のころに行うと成功率が高いようです。

ハーブ類で半日陰~日向を好むミント類、レモンバーム、コリアンダー、ナスタチウム、パセリ、ヤロウ、ロケットなどは日照が4~5時間程度の所でも良く育ちます。