エクステリア&ガーデニング【外構用語集】

エクステリアやガーデニングなどお庭の外構工事に関する用語集です。

外構工事の特に郊外でよく見られる手法のひとつ。セミクローズドスタイル、セミオープンスタイルとも呼ばれる

オープン外構クローズ外構の中間的なスタイル。駐車スペース前面に伸縮門扉やカーゲートなどを設置せず、門柱や低めのフェンス、生垣などで建物を囲む外構スタイル。

宅内からの視覚的開放感もあり、防犯機能も適度にあわせ持たせたい場合に選ばれる最も一般的な外構である。

Tags:

クローズ外構

posted by admin

外構工事の手法のひとつ。クローズドスタイルとも呼ばれる。

オープン外構の対義語として使用され、建物周辺のほぼ全てを塀(ブロック・レンガ)で囲むを閉鎖的な外構スタイルのこと。 防犯性に優れ門まわりや車庫なども住宅と総合的にアレンジすることができるので、一体感を持たせたデザインが可能。

Tags: ,

外構(がいこう)

posted by admin

エクステリアと同義語だが、外構が建築的な用語だとすれば、エクステリアは商業的な用語として使い分けられる場合もある。 門、ブロック、アプローチ、カーポート、植栽など全てを含めて外構とされる。

「外構」という漢字は一般的な日本語変換ソフトでは出てこないため、「外溝」や「外講」などの間違った使い方をされることが多い。

サイクルポート

posted by admin

屋根付きの自転車置き場。

構成材量は、カーポートと同じものを使うが大きさが異なる。カーポートの一部をサイクルポートとして使う家庭も多く、あまり一般家庭での需要は無い。

Tags:

ぬれ縁

posted by admin

建物と接する外側部分に設けられる雨ざらしの縁側のこと。

和室の吐き出し窓に面して設けられるのが一般的。

Tags: ,

リフォーム

posted by admin

reform(リフォーム)とは本来「改心する、改正する」という意味であるが、広義の意味で「作り直す」として使われる。

住宅リフォームとは、住んでいる住宅の改築や改装、特に内外装の改装を差す言葉。近年、外構工事においてもリフォームするという意識が高まり、住宅とは別の視点で外構リフォームが行われるケースも増えている。

Tags:

ランドスケープ

posted by admin

資源、環境、歴史などの要素が構築する政治的、経済的、社会的シンボルや空間のこと。

近代、ランドスケープは都市設計を研究する学問とし、多くの政治家、学者、建築家がランドスケープを定義し、取り扱う分野などについて言及している。 しばしば風景、景観、造園と訳されることが多い。

Tags:

余盛(よもり)

posted by admin

あらかじめ設計高よりも高めに盛土をしておくこと。

宅地造成などで盛土工事をした場合、土の性質により差はあるが、転圧、締め固めをしても工事終了時間とともに沈下してしまう。

Tags:

年齢や性別などに関係なく、誰もが利用しやすいように設計されたデザインのこと。

特定の障壁を解消するというバリアフリーからさらに一歩進んだ発想。さまざまな商品やサービス、ファッション、建物、設備、街、交通機関など、あらゆる分野に通用する。外構工事のデザインにも取り入れられている。

Tags:

U字溝

posted by admin

断面がU字型のコンクリート製品。

排水溝や用水路などで使われ、コンクリートやグレーチングで蓋をするのが一般的。

Tags:

屋根の水平面に対する屋根面の傾斜の度合いのこと。

屋根を葺く材料や屋根面の大きさ、雨量、積雪量などに応じて決められている。

Tags:

宅地造成などにおいて、他の場所から土を持ってきて人工的に平坦なところや低いところに土を入れたり、盛り上げたり、埋め戻すことで、従来の地盤の上にさらに土を盛ること。

外構工事で盛土を行うことはあまりないが、外構部分に黒土などの特別な土を敷き詰める事はある。

Tags:

水盛(みずもり)

posted by admin

水平を測ること。

過去には細長い材に溝を掘って水を盛り、これを土台面などにのせて水平を測った。水盛缶というバケツに、先端にガラス管を付けたゴムホースをつなぎ、連通管の原理で測るものもあったが、今では水平器やオートレベルが使われている。

水糸(みずいと)

posted by admin

建築や建設工事などで、水平を出すために用いる黄色い糸。水は水平という意味。

外構工事においてもブロックやレンガを積む際の水平確認に水糸が使用される。

雨水、汚水、給水、ガス等の供給処理のために地下に埋めた管のこと。

外構工事や外構リフォーム工事などの掘削時には、ショベルカーが埋設間を傷つけてしまう可能性があるので特に注意が必要。

Tags: ,

間口(まぐち)

posted by admin

建物や土地の正面の幅のこと。

カースペースの間口は1台分で2.5m、2台分で5m必要。

Tags:

ファサード

posted by admin

建物の正面の道路から見える面のこと。

家の外観にとりつけた門柱や表札なども含む。 道路からの見え方を意識したデザインになっていることが多い。

Tags:

パース

posted by admin

外構工事をお客様にご提案する際の見通し図(透視図・立体図)。

目で見たように、そのまま描く方法。人がものを見る場合、手前の物から遠ざかるに従って対象物が小さく見え、これを平面状に表現する図法をいう。庭の仕上がりを見せるのによく使われるが、パースと全く同じように仕上がるとは限らない。

Tags: ,

土留め(どどめ)

posted by admin

高低差のある地形などで、土が崩れないように作られる構造物や、土を採取したり盛ったりするときに、法面(のりめん)や崖が崩壊しないように土を留めること。

擁壁(ようへき)も同じ意味で使われるが、擁壁は宅地造成で1m以上の高低差のある地形に作られる土木構造物であるのに対し、土留めは花壇の縁取りなど小さなものも指す。

Tags:

ゾーニング

posted by admin

敷地の中でいくつかにエリアを分けて、空間を機能や性質によって分けていく外構計画の手法。

庭の図面を描く際、目的にあわせてスペースを配分していく。 ゾーニングすることによりまとまりのある一体的な庭となる。

Tags:
Subscribe to エクステリア&ガーデニング【外構用語集】 外構工事の鳴海