エクステリア&ガーデニング【外構用語集】

エクステリアやガーデニングなどお庭の外構工事に関する用語集です。

コンクリートの左官仕上げの一つ。

金鏝で塗りつけ、定規ずりをして木ごてでならした後、金ごてで押さえ仕上げをする。駐車場の仕上げの場合、金鏝仕上げと刷毛引き(はけびき)仕上げが多く利用されている。

駐車場やアプローチ部分をコンクリートで仕上げることを指す。

土間コンクリートと下地(砕石)の間にはメッシュと呼ばれる鉄筋が入っている。広い面積となる場合が多い土間コンクリート打ちは、雨による影響を大きく受けるので天候には注意が必要。

ムラ直し

posted by admin

左官工事の一つで、塗り厚または仕上げ厚が厚いときや色ムラが激しいときに、下塗りの上にコンクリートを塗りつけること。しごきとも言われるが、ムラ直しが必要ないように仕上げるのがベター。

左官仕上げのひとつでモルタル塗り後、表面がまだ硬化しないうちに刷毛を掛けて仕上げる方法。

空刷毛・水刷毛・のろ刷毛などの種類があり住宅の基礎にも使われる。左官の他の方法に金鏝仕上げがある。

塗厚(ぬりあつ)

posted by admin

左官の各塗層ごとの、塗りつけた面積における平均の塗り厚さのこと。

左官

posted by admin

建物の壁や床、土塀などを、コテを使って塗り仕上げること。

外構工事ではコンクリートブロックやコンクリートを下地にモルタルで仕上げを施す。色々な表情や色を表現できるのが特徴。職人用語として「しゃかん」とも呼ばれる。

洗い出し

posted by admin

左官仕上げの一つの手法。

モルタルやコンクリートが完全に硬化しないうちに表面を水で洗い流し、中に入っている砂・砂利・石などの骨材を露出させ仕上げる。骨材の種類を変えれば様々なアレンジができるが、技術力を用し外構工事を依頼する職人により、仕上がりにムラが出る場合があるので注意が必要。

Subscribe to エクステリア&ガーデニング【外構用語集】 外構工事の鳴海