エクステリア&ガーデニング【外構用語集】

エクステリアやガーデニングなどお庭の外構工事に関する用語集です。

階段の足がのる平らな部分。

階段の垂直になった部分を「蹴込み」と言い、階段一段の高さが蹴上げ(けあげ)と呼ばれる。

Tags:

蹴上げ(けあげ)

posted by admin

階段の一段の高さのこと。階段の側面。

外構部分の階段における蹴上げは15~18cmが一般的。蹴上げ寸法は、階高÷総段数(上がりきり段数)で算出できるが、あまり高くすると急勾配になってしまうので注意が必要。足がのる平らな部分を「踏み面」、階段の垂直になった部分を「蹴込み」という。

建築基準法では、建物の使用目的によって階段の幅や踏み面の長さ、蹴上げの高さが規定されており、住宅の階段の蹴上げは、23cm以下と決められている。

Tags: ,
Subscribe to エクステリア&ガーデニング【外構用語集】 外構工事の鳴海